徳島 空手 逢坂道場日記

本格的、楽しい、ソフト、色んなの空手の稽古、レッスン、練習を綴ります。

やわらかカラテ

昨年末の格闘技大会から感じたこと

遅ればせながら昨年末の格闘技大会について。 個人的に一番感銘したのは所選手の試合です。 年の差のある若くて、強い対戦相手と対する所選手にかつての自分自身の経験を重ねる部分もありますが、技術的に共感を覚えるのが感銘の主な理由です。 その技術的な…

組手で〝前に出る〟〝下がらない〟勇気を持つ方法 ※雪への支部内連絡(下段)

空手の組手は〝前に出ること〟〝下がらない〟ことが大切です。 特に試合の組手の勝機の大半はこの2 点にあります。 〝前に出ること〟〝下がらない〟言葉で言うのは簡単ですが、対戦相手も同じように圧力を掛けてくる組手でそれを実践するのは至難です。 〝前…

技をイメージすることは内省、内観へ

「上段回し蹴りは自分の背の同じ高さの相手が前にいると思って、その相手の顔を横から足の甲で蹴るようにイメージして」と最近、少年部の指導でよく口にします。 当たり前のことですが、空手の稽古で行う動作は補強運動や準備体操等といった以外は対人への動…

壮健な老後を目指して…

スパーリングは意識次第で筋肉トレーニングの効果ものぞむことができますが、私がスパーでの筋トレを意識している部分は〝足〟。 徳島市加茂道場居残り11.12.2020 ※この動画は音声が出ます。 ステップを多用することで、足を鍛えることを意識しています。 来…

スパーリングは健康を計る、有効なトレーニング。

昨日はカルチャーセンター徳島さんで「やわらかカラテ」。 「やわらかカラテ」では、少しだけスパーリングも行っています。 やわらかカラテ12.4.2020 本格的な空手をやわらかく練習し、健康増進に繋げることが「やわらかカラテ」のコンセプトですが、スパー…

「攻撃の死角」を健康増進の運動のエッセンスに。

昨日のカルチャーセンター徳島さんでの「やわらかカラテ」。 受け返しは、相手の攻撃の死角に入る感覚を意識してもらいました。 画像は受け返し棒による腹部への突きに対し、突きの死角になる棒の側面にステップしています。 突いてくる棒に対しタイミングを…

短編小説〝千葉周作〟の一説より〝神気〟

〝この型稽古について、幕末の剣客榊原鍵吉の高弟山田次郎吉翁は、「ちょうどあやつり人形のごとく、舞楽の舞のごとく、型にはめて動くのみで、もし術者にして神気が籠らねば、軽業師の曲芸にも及ばぬ」といっている〟 私の好きな司馬遼太郎の短編小説〝千葉…

あせらず、ゆっくり、〝やわらかく〟

毎週金曜日、カルチャーセンター徳島さんで開講している健康講座「やわらかカラテ」。 受け返しも道場指導での同様の内容を練習してもらっています。 やわらかカラテ 11.6.2020 ※この動画は音声が出ます。 昨日のパターンは、下段回し蹴りをスネ受け→受けた…

〝やわらかく〟空手を練習し〝しなやかな〟の日常的な身のこなしを

昨日のやわらかカラテ(15 時30 分~16 時30 分・カルチャーセンター徳島さんにて) の受け返し。 やわらかカラテ 10.30.2020 ※この動画は音声が出ます。 突きを払いながら前出てワンツー、ワンツーに対する相手の反撃の突きを払いながらバックステップしての…

戦術的、戦略的な組手に必要な〝術〟の部分

〝打てば、相手は打ち返してくる〟組手の一つの原理として道場生によく説くところです。 この原理に則って組手を組み立てていくことが、組手を有利に展開する一つの術(すぺ)となりますが、受け返しでは前述の原理を反映させたパターンをよく行っています。 …

中高世代の方への空手のススメ「やわらかカラテ」

今週よりカルチャーセンター徳島さんでの健康講座「やわらかカラテ」< 毎週金曜日15 時30 分~16 時30 分> を再開。 やわらかカラテ10.16.2020 ※この動画は音声が出ます。 「やわらかカラテ」では、中高年世代の皆さま向けに、以下の練習効果を目的として〝…

やわらかカラテ 9.25.2020徳島市加茂道場

昨日(9/25) の徳島市加茂道場。 少年部クラス(18 時30 分~19 時30 分) 一般部クラス(19 時45 分~20 時45 分) 居残り稽古(21 時~21 時30 分) 毎週金曜日の15 時30 分~16 時30 分、カルチャーセンター徳島さんで健康講座「やわらか空手」を開講させていた…