徳島 空手 逢坂道場日記

徳島市 吉野川市 美馬市にある空手道場のブログです。 

徳島錬成大会、地方の小さな大会であっても…

 昨日の日曜日 (10/24) は、第 17 回徳島県空手道錬成大会でした。

f:id:osakadojo:20211025092613j:plain

 新型コロナの感染が落ち着いてるとはいえ、今大会は感染対策には出来うる限りの対策を講じ、対策ルールを厳に施しました。
 参加者の皆さんはご不便をお掛けすることも多々あったと思いますが、今大会にご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 大会は大会運営に協力していただける審判員、スタッフの皆様の協力があって開催できます。
 高知、愛媛、香川の新極真会支部よりご協力いただいた審判員の皆様、誠にありがとうございました。
 また綿密に準備したつもりであっても、大会当日は至らぬ点が所々に発生しました。
 至らぬ点はスタッフの皆さんが、機転を効かしてカバーをしてくれました。
 スタッフの皆さんには、色んな面でいつも適切に対象してくださり助けていただいておりますが、昨日ご協力いただいたスタッフの皆様、誠にありがとうごさいました。

f:id:osakadojo:20211025092658j:plain

 そして大会前日の設営、大会後の撤収には、新極真会北東あわじ支部、西南支部の多数の保護者の方々にご協力いただきました。

f:id:osakadojo:20211025092734j:plain

 設営、撤収にご協力いただいた皆様も率先して動いていただきスムーズに設営、撤収を行うことが出来ました。
 設営、撤収にご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 私は空手は文化だと思っておりますが、大会は空手という文化を熟成させる一つの手法と思います。

f:id:osakadojo:20211025092806j:plain

 その手法は空手に関わる全ての方々の善意が、加味されることで熟成度が深まるものと思います。
 徳島錬成大会は地方の小さな大会ですが、空手という文化発展に寄与するものであると、徳島錬成大会にご協力いただいた全ての皆様の善意をもって思います。
 今一度、昨日の第 17 回徳島県空手道錬成大会に参加及びご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 さて大会の主役はもちろん選手、選手の皆さんの健闘が大会の中で光っていましたが、西南支部の選手たちも皆んなよく頑張りました。
 入賞者は以下のとおり
 型ではユウタ君が優勝、ミツキちゃんが 2 位、ハルキ君が 3 位

f:id:osakadojo:20211025092901j:plain

 組手ではイロハちゃんが優勝、ゆあちゃんが 2 位

f:id:osakadojo:20211025092934j:plain

 タイシン君、オトちゃん、リョウタ君、八束さんが優勝、タイセイ君が 2 位、ハルキ君が 3 位

f:id:osakadojo:20211025093011j:plain

 入賞に届かなかった皆んなも、よく頑張りました。
 昨日の頑張りを次に繋げて欲しいと思いますが、現在 12/5 ㈰に愛媛県で行われる全四国錬成大会の申込書を配布しております。
 今年最後の大会となりますが、次の目標を立てて、次に向かってまた頑張りましょう !!
 10.25.2021 記

信念、試合で相手のペースに呑まれない方法

 昨日の少年部クラスの稽古後に明日の徳島錬成大会に出場する道場生から「相手のペースに呑まれないように戦うには、どうしたら良いのか ?」といった質問を受けました。
 私は、自分ができることを試合でとにかくコツコツとやっていくように指導しました。
 そしてペースに呑まれるということはある種、相手に怯むということですが、相手に怯まない強い気持ちを私がよく道場生に指導している「相手が反則をしても自分はしない」ことを信念とし、その信念から強い気持ちを起こすことを指導しました。

f:id:osakadojo:20211023093828j:plain

 信念を持って試合にのぞみ、信念を守って戦うことは、勝敗に関わらず試合という経験の最大の価値だと思います。
 〝試合で絶対に反則をしない〟このことは新極真会徳島西南支部の信念ですが、昨日質問してきた道場生のみならず、明日出場する道場生全員に西南支部の信念を持って正々堂々と戦って欲しいと思います。

 

 さて改めて明日の徳島錬成大会、前日である本日、会場設営を行いますが、会場が鳴門市のため今回は北東あわじ支部さんの道場生、保護者様にお手伝いいだきます。
 例年、前日設営にご協力いただいている保護者の方々から設営のご質問を受けましたが、今回は西南支部の担当ではありませんので大丈夫です。
 お気遣いありがとうごいます。
 本日の 17 時からの設営、北東あわじ支部さんの道場生、保護者の皆様、よろしくお願い致します。
 なお本日の鴨島道場は全クラスお休みです。

 また明日の徳島の審判・スタッフの集合は 8 時、高知、香川、愛媛の審判の皆様は 8 時 45 分に審判ミーティングを行いますので、それまでに会場入りをお願い致します。
 今大会は新型コロナの感染が落ち着いているとはいえ、対策は出来るうる限りのことを行います。
 参加者の皆様にはご不便をおかけすることもありますが、よろしくお願い致します。
 明日参加の全選手のご健闘をお祈り致します。

 

 昨日の指導
 やわらかカラテ (15 時 30 分~16 時 30 分 )

f:id:osakadojo:20211023093941j:plain

 徳島市加茂道場・少年部クラス (18 時 3,0 分~19 時 30 分 )

f:id:osakadojo:20211023094008j:plain

 徳島市加茂道場・一般部クラス (19 時 45 分~21 時 )

f:id:osakadojo:20211023094033j:plain

 昨日の青柳さんでのランチ
 豚バラ辛みそば定食 ( ごはん大盛り )

f:id:osakadojo:20211023094102j:plain

  完食

f:id:osakadojo:20211023094134j:plain    10.23.2021 記

インステップ〝切り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ、一と足進めば先は極楽〟

 今週、各道場の一般部クラスで行っている受け返し。


www.youtube.com

 相手のワンツーパンチを間合いを詰めながら受け、下突きの返し、蹴りのフォロー。
 この受け返しのポイントは間合いを詰めながらの受け、そこからの素早い下突きの返しです。
 ディフェンスはステップを伴うことで、より防御力が高まります。
 ステップは後ろに下がるバックステップ、横に回るサイドステップ、そして今週稽古している前に出るインステップの 3 通りを私は指導しています。
 私が一番重視しているのインステップでのディフェンスですが、これはなかなかに難しいものです。

 どのステップとも相手の攻撃にタイミング、呼吸を合わせなければなりませんが、インステップは相手の攻撃に向かって前に出るもので、タイミング、呼吸を合わせるのに勇気がいるものです。
 その心境は大げさかもしれませんが「振りかざす太刀の下こそ地獄なれ、一と足進め先は極楽」と言った剣豪・宮本武蔵の技術的心境に通じるものと私は思います。
 インステップの〝イン〟は相手の懐に入ることですが、相手のタイミング、呼吸に合わして懐に入れれば、相手は一瞬の反応が遅れ、最大のオフェンスチャンスが生じます。
 そのオフェンスチャンスは宮本武蔵の言うところの〝極楽〟と私は思いますが、 インステップでのオフェンスチャンスは相手の反応の遅れに乗じ、そして確実に自分の攻撃を当てる距離を確保する分、バックステップ、サイドステップよりも効果的です。

f:id:osakadojo:20211022092207j:plain

 インステップでのディフェンス、難しいですが、道場生には習得に励んで欲しいと思います。

 

 昨日の美馬道場
 少年部クラス (19 時~20 時 )

f:id:osakadojo:20211022092241j:plain

 一般部クラス (20 時 15 分~21 時 15 分 )

f:id:osakadojo:20211022092319j:plain

 10.22.2021 記

集団において埋没しまう、子ども達の個々の良さを引き出すには…

 普段、私は空手の指導者として、一度の稽古で複数の子ども達に接しています
 しかし時折マンツーマンの指導になることがありますが、一対一で子ども達に接すると普段の複数指導では感じない子ども達の良さが見えてきます。
 普段感じない良さが見えて来る要因としては、子ども達の中には複数にまぎれると、自身の良さを埋没させてしまう子もいるからだと思います。
 埋没させてしまう子を埋没させたままにしてしまうと、そのまま自分の良さを理解してもらえない大人になるように思います。

 子ども達は、誰にでもそれぞれの良さがあります。

f:id:osakadojo:20211021091257j:plain

 それは、ずっと子ども達に一対一で接している保護者の方々が一番理解されており、その良さの存在は空手の稽古という子ども達の一端では見えなくても、私は保護者の方々が示す子ども達への愛情で感じ取れます。
 子ども達のそれぞれの良さは、衆目に映ることが望ましいものです。
 衆目へと子ども達の良さを引き出すお手伝いをするのが、空手道場の意義かと思います。
 子ども達の良さを埋没させない空手の指導方法は色々とあると思いますが、一番の根幹は集中力を高めることと思います。
 マンツーマン指導で子ども達の良さが見えてくるのは、集団指導よりも子ども達の集中力が高いからだと思います。
 マンツーマン指導が集中力が高めやすいとは言え、環境に手助けされた集中力よりも自立した集中力を身につけるべく、集団指導の中で子ども達の個々の集中力を高め、衆目へと子ども達の良さを引き出したいと思います。
 10.21.2021 記

「何で正座をして目を閉じるのか ?」と、問われれば

 我々の空手では稽古の最初と最後に正座をし、目を閉じて黙想をします。
 もし道場生に「何で正座をして目を閉じるのか ?」と問われれば、私は「心を静めるため」と答えます。
 さらに「何で心を静める必要があるのか ?」と問われれば、私は「技を身につけるため」と答えます。

 心の静まりから生じる技


www.youtube.com

 添付動画のカウンターのような技は、心が静まってなければ出来ない技です。
 心は心臓のように実在する人間の器官ではありませんが、人に確かに存在するものであり、それは人の行動や感情として形に現れるものです。

f:id:osakadojo:20211020092857j:plain

 空手の技は心が現れるもので、組手・スパーリングで心が乱れていれば技は競技としての反則まがいになり、心が静まっていれば一本、技有りなどのような的確有効な技となります。
 時折、稽古の正座で目を閉じる時、変顔をする少年部道場生がいますが、そういった道場生には技がなかなか身に付かないものです。
 心の静まりは深々とした湖のようなイメージですが、心の静まりで生じる深さは物事を吸収する容量となります。

f:id:osakadojo:20211020092706j:plain

 子ども達にとって心の静まりをまとうことは、とても大切なことだと思います。
 稽古での正座を大切にしていこうと思います。

 さて本日 (10/20) の鴨島道場少年部 2 部クラスでケーブルテレビ・アロハおえのスポット撮影があります。
 稽古参加者は協力をお願い致します。

 

 昨日の徳島市加茂道場
 少年部クラス (18 時 30 分~19 時 30 分 )

f:id:osakadojo:20211020092734j:plain

 一般部クラス (19 時 45 分~21 時 )

f:id:osakadojo:20211020092815j:plain

 10.20.2021 記

子ども達に素直さを求めるための大人の条件

 先週土曜日の少年部クラスのミット稽古。


www.youtube.com

 奥足下段回し蹴り→前足上段回し蹴り→ワンツースリーパンチ。
 先般のブログで書きましたが、下段回し蹴りから上段回し蹴りの繋ぎのポイントは頭をなるべく動かさないことですが、そのためには上段回し蹴りを蹴る際の足を入れ替える動作〝スイッチ〟がさらなるポイントとなります。
 動画のようなミット稽古をする際はミットを打たない空蹴り、空突きでフォーム練習を行いますが、上記のスイッチ等のポイントはそこで指導しています。
 動画一番手前の女の子は小学 1 年生ですが、スイッチを使い上手く下段回し蹴りから上段回し蹴りが繋げています。
 指導された事を素直に聞いている証拠です。

 

 私は少年部指導では、子ども達に何より〝素直さ〟を求めます。
 それは子ども達を従順に仕立てるためでなく、子ども達の能力を高めるためです。
 素直な子ども達の能力の高まりは顕著なものですが、それは直に子ども達と接する指導現場では肌で感じます。

f:id:osakadojo:20211019093345j:plain

 色んな教育論を見受け、時折そういったものに目を通すことがありますが、正直、中には疑問に感じるものもあります。
 奇を衒うことが人目を引く一つ手段ですが、先日詳細までは目を通しませんでしたが、子ども達の〝素直さは無用〟といった論を見かけました。
 闇雲に子ども達に素直さを求め大人に従順にさせるよりも、子どもの意思を尊重するといった内容だと思いますが、その論も一理はあると思いますが、現場で子ども達に接する限り、私は子ども達には素直さを求めた方が良いと思います。
 確かに素直さは一面従順さを強いるものですが、従順を強いる事が正しければ、子ども達を良い方向に導けるものと思います。
 大切なのは、子ども達に素直さを求める大人が正しくあることです。
 空手を通して子ども達に接する私としては、正しい空手を日々見失わないように精進したいと思います。

 

 昨日の美馬道場
 少年部クラス (19 時~20 時 )

f:id:osakadojo:20211019093407j:plain

 一般部クラス (20 時 15 分~21 時 15 分 )

f:id:osakadojo:20211019093458j:plain

 10.19.2021 記

トヨタカローラ本店さん、カローラ祭り演武会

 土曜日 (10/6) は、トヨタカローラ本店さんのカローラ祭りで演武をさせていただきました。
 いただいた映像を後で改めて見てみると、皆んな、なかなか良い動きでしっかり〝演武〟を出来たと思います。


www.youtube.com

 皆んな動きに軸があり、体幹が上手く使えた動作が出来ていました。
 軸のある動き、体幹のコントロールが効いた動きが、演武の見映えとなっていましたが、それは日頃の稽古の成果でもあります。
 演武は道場生にとっては日頃の稽古の発表会でもあり、普段空手とは縁のない一般の方々にも空手を見ていただくことで空手の普及にもなりえます。
 演武はとても意義のあるイベントですが、今回、このような機会をいただいたトヨタカローラ本店の長江店長には感謝です。
 またカローラ祭り自体様々な趣向が凝らされており、道場生もお祭りを満喫していました。
 長江店長をはじめとするトヨタカローラ本店の皆様、この度は誠にありがとうございました。
 また参加させていただきたく思いますので、よろしくお願い致します。
 演武に参加した皆んなは、よく頑張りました。

f:id:osakadojo:20211018093421j:plain

 保護者様ともども、土曜日はお疲れさまでした。
 演武会には演武参加者以外の道場生も多数応援に来てくれていましたが、ありがとうございました。

f:id:osakadojo:20211018093447j:plain

 次は皆んなも演武に出れるように、日頃の稽古を頑張りましょう !!

 

 土曜日の鴨島道場
 選手クラス 1 部 (15 時~16 時 )

f:id:osakadojo:20211018093523j:plain

 少年部クラス (16 時 15 分~17 時 15 分 )

f:id:osakadojo:20211018093549j:plain

 選手クラス 2 部 (17 時 30 分~19 時 )

f:id:osakadojo:20211018093634j:plain

 一般部クラス (19 時 15 分~20 時 30 分 )

f:id:osakadojo:20211018093657j:plain

 10.18.2021 記