徳島 空手 逢坂道場日記

本格的、楽しい、ソフト、色んなの空手の稽古、レッスン、練習を綴ります。

第16 回徳島県空手道錬成大会、開催に一番悩んだこと

 昨日は第16 回徳島県空手道錬成大会でした。

f:id:osakadojo:20210301091703j:plain

 コロナ禍での大会、大会後の2 週間が一番気を揉む期間でもありますが、とりあず大会自体は大過なく終えることが出来ました。

 徳島錬成大会に参加していただいた選手、付添者の皆様、大会にご理解いただいた参加流派の師範、保護者の皆様、誠にありがとうございました。

 ほとんどの選手にとって1 年ぶりとなった試合、選手各人のメンタル・技術・体力、まさに心・技・体が浮き彫りとなる試合は、フルコンタクト空手を文化として昇華していくのに必要不可欠のものと昨日は改めて感じました。

f:id:osakadojo:20210301091742j:plain

 フルコンタクト空手の文化としての昇華は、先のブログにも書いたように昨日の試合で得た経験を各選手が次に繋げていくことが一番大事です。

 まだまだコロナ収束の見通しが立たない現状、試合の機会もコロナ前のようには多くはありません。

 そのため今年は徳島錬成大会を9 月にも行う予定です。

 選手の皆さんにおいては、次を見据えて稽古を続けることがフルコンタクト空手の文化を享受するものであり、昨日、勝った人も負けた人も勝敗以上の大きな価値を得るものです。

 昨日、第16 回徳島錬成大会に出場した選手、また都合で出場出来なかった選手も次に向かって頑張っていただきたいと思います。

 

 さてコロナ禍の今大会、幸いにも開催日は感染が落ち着いてきた状況ではありましたが、選手募集の期間は感染が拡大しており色々と悩むこともありました。

 一番の悩んんだことは、審判、スタッフのお願いでしたが、裏方となる審判、スタッフにコロナのリスクを負わしてよいものかどうかは悩みました。

 審判、スタッフをお願いする皆さんに色々とご意見を聞き、肯定的にお応えくださるのに実施に踏み切りましたが、今大会にご協力いただいた審判、スタッフの皆さんには感謝の念が絶えません。

 また皆さん率先して動いていただき、大会進行は非常にスムーズでした。

 審判、スタッフの皆さん、誠にありがとうございました。

f:id:osakadojo:20210301091916j:plain

 選手の皆さんには、裏方としての審判、スタッフの皆さんの存在を意識して欲しいと思いますが、裏方の存在に感謝することもフルコンタクト空手の文化の享受となるものです。

後ろ蹴り、誰でもしている〝縮地〟

 後ろ蹴りは体の回転を利用して、離れた距離から技を仕掛けられる技です。


後ろ蹴り

 上記の添付動画では、相手の突きが届かない遠い距離から、体の回転を起こす動作とともに軸足を前方にステップさせて 距離を詰め、回転とともに軸足をスライドさせてさらに距離を詰めて後ろ蹴りを被弾させています。

 武術に〝縮地〟という技術があります。

 技術の用法は色んな方が解釈されて様々ですが、〝縮地〟の概念は相手に悟られないよう距離を詰める、もしくは瞬間移動 のように一気に距離を詰めるといったものです。

 その概念に照らし合わせれば、遠い距離からの後ろ蹴りは〝縮地〟であると個人的に思います。

 後ろ蹴りによる縮地は、後ろ蹴りが使える人であれば誰でも行っているものです。

 組手、もしくはスパーリングの自由攻防の駆け引きの中で後ろ蹴りを使おうとすれば、特別に教えられなくても〝縮地〟 は自然発生するものと思います。

 縮地が神秘的な技法のように喧伝されるの見たりしますが、縮地に限らず本来、技というものはその技が本当に使える技 であるのならば、その技そのものの、もしくはそれに類するものは自由攻防の組手、スパーリングで自然発生するものと個 人的に思います。

f:id:osakadojo:20210226100602j:plain

 自由攻防の組手、スパーリングをする人で、神秘的に喧伝される技法を知らずに使っている人は多いと思います。

 自由攻防の組手、スパーリングで見られる秀でた技は、必ず武術的技法に繋がると思いますが、その繋がりを個人的に研 究していきたいと思います。

 

 さて、次の日曜日(2/28) は徳島錬成大会です。

 選手の皆さんの健闘を祈ります。

 徳島錬成大会に伴い、前日の土曜日の鴨島道場は準備のために、翌日の美馬道場は残務処理のためお休みです。

 道場生、保護者の皆様、よろしくお願い致します。

 また例年、徳島錬成大会の前日は会場設営を行っており道場生、保護者様にご協力をいただいておりますが、今回は前日 の会場設営は行わず当日設営で、前日準備は前川師範と二人で行います。

 例年より、大会規模が小さいため十分間に合いますが、前日設営の問い合わせを数件いただきました。

 大会を気にかけてくださり、とても有り難がったですが、お気持ちに応えるようにしっかり運営していきたいと思います。

 

 昨日の美馬道場

 少年部クラス(19 時~20 時)


美馬道場少年部2.25.2021

 一般部クラス(20 時15 分~21 時15 分)


美馬道場一般部2.25.2021

 2.26.2021 記

突き、二次元的位置を三次元的位置に広げる空間認識能力

 最近の基本稽古では正拳中段突きの拳の位置を、しっかり自分のみぞおちの位置に定めること強調して指導しています。

f:id:osakadojo:20210225100502j:plain

 みぞおちは自分の体の急所であり、体幹の表面上の二次元的な位置です。

 体幹表面から拳を前方へと押し出す形となる突きをみぞおちの位置、正確にはみぞおちの延長上に置くことは二次元の位置を三次元の位置に広げる空間認識力となります。

 突きをみぞおちに置くことの強調は、手のコントロールによって集中力を高める意味もありますが、空間認識能力を高める意味もあります。

 人の運動は空間において行われるものですが、空間認識能力は運動能力を大きく作用するものと個人的に思います。

 トレーニングには筋力を高めるフィジカルトレーニングと運動能力の高めることにフォーカスしたファンクショナルトレーニングという概念があります。

 空手の基本稽古、移動稽古、型稽古は空間認識能力の向上等、ほかにも諸々の運動能力の高めるファンクショナルトレーニングに適したものと思います。

f:id:osakadojo:20210225100547j:plain

 空間認識能力のように基本稽古、移動稽古、型稽古におけるファンクショナルトレーニング的意味合いを研究し、道場生に指導していきたいと思います。


 昨日の鴨島道場

 少年部1 部(17 時45 分~18 時45 分)


鴨島道場少年部1部2.24.2021

 少年部2 部(19 時~20 時)


鴨島道場少年部2部2.24.2021

 一般部(20 時15 分~21 時)


鴨島道場一般部2.24.2021

 2.25.2021 記

第16 回徳島県空手道錬成大会〝次を見据える〟

 次の日曜日(2/28) に鳴門市・大塚スポーツパーク( ソイジョイ武道館) で行われる第16 回徳島県空手道錬成大会の準備を進めています。

 昨日は選手・付添者のパスカードの作成を。

f:id:osakadojo:20210224091449j:plain

 新型コロナの感染状況が少し落ち着いてきた感がありますが、まだまだ気は抜けません。

 今大会では最大限の対策を講じます。

 大会は無観客、選手は2 グループの入れ替えで入場制限しますが、パスカードは入場者管理の意味合いもあり、基本的にパスカードを首にかけている人以外は入場できないようになっています。

 スタッフもパスカードをかけますが、選手、付添者の皆さんはよろしくお願い致します。

 さて、ほとんどの選手が約1 年ぶりとなる試合、久しぶりの試合を前に改めて試合の意義を考えるところですが

 やはり試合は、試合を終えてから次に向かって自分が何をなすべきかを示す指標に過ぎないと思います。

 結果に対して一喜一憂はあると思いますが、それより大事なことは〝次を見据える〟ことです。

 コロナ禍で先行きが見えない今だからこそ〝次を見据える〟ポジティブな気持ちは大切であり、今の時期に大会を開催する大きな意義があると思います。

 次とは単に次の試合ばかりでなく、試合にのぞむ気持ちが大きく内容と結果に作用する空手の試合において、その気持ちを学業等、自分の社会生活に反映させる次でもあります。

f:id:osakadojo:20201211092557j:plain

 今大会に参加する選手の皆さんには、次を見据える健闘を期待したいと思います。


 月曜日の美馬道場

 少年部クラス(19 時~20 時)


美馬道場少年部2.22.2021

 一般部クラス(20 時15~21 時15 分)


美馬道場一般部2.22.2021

 2.24.2021 記

タックルを仕掛けて感じたこと

 土曜日の鴨島道場居残り稽古、前のラウンドで仕掛けたタックルでは、タイミングを合わせただけで簡単に倒れたので「タックルがあるのも忘れたらいかん」と指導し、次のラウンドで再びタックルを仕掛けると、どうにか切ろうと踏ん張っていました。


タックル

 リーチ差があるので難しいとは思いますが、もっと早いタイミングで切る反応をして欲しいところですが、その踏ん張りには前のラウンドではなかった腰の強さがありました。

 「タックルもあるという」意識が腰への力となり踏ん張りになったと思いますが、意識はやはり体の力となるものです。

 意識から起こる力は例に挙げたタックルへの対応のみならず、突き蹴りもまた言うに及ばす、人間の運動全ての機能性に深く関与するものと思います。

 力とは人間の筋肉の働きであり、それはパワーだけでなく、スピードにもなり人間の動きのそのものです。

 意識が力=動きを作り、意識の伴った力=動きがその機能性を高めることを、タックルを受けた道場生の腰の力に感じました。

f:id:osakadojo:20210222091554j:plain

 改めて道場生には自ら意識をする稽古を指導せねばと思いますが、先のブログに書いたように稽古で細かい注意力を働かせ、それを集中力として動きの機能性を高める原動力にしていきたいと思います。


 土曜日の鴨島道場

 選手クラス1 部(15 時~16 時)


選手クラス1部2.20.2021

 少年部クラス(16 時15 分~17 時15 分)


鴨島道場少年部2.20.2021

 選手クラス2 部(17 時30 分~19 時)


選手クラス2部2.20.2021

 一般部クラス(19 時15 分~20 時30 分)


鴨島道場一般部2.21.2021

 居残り稽古(21 時~21 時30 分)


鴨島道場居残り稽古2.20.2021

 2.22.2021 記

「空手の型は実戦では使えない」といった投稿を目にして

 実戦を想定しているという空手の型ですが、「空手の型は動作を止めて区切るために実戦では使えない」といった投稿を最近、目にしました。


型、安三

 色んな意見を持つことは自由ですが、私は動作を止めるように区切るからこそ実戦を想定しているように思います。

 著名な古流空手の師範の方が、「〝先〟がなければ空手の型は使えない」と、その著書で書かれていましたが、私も同感に思います。

 〝先〟とは簡単に言えばボシングでいうカウンターのことで、カウンターよりもタイミングによって細分化( 先、後の先、先の先等) された技術です。

 下記の添付動画は〝先の先〟という技術であり、相手が動こうとするよりも先に下突きを相手に合わせています。


先の先の下突き

 先もカウンターも技を相手の動きに合わすことですが、技を合わせるには照準を定める必要があります。

 照準は自らが動いていてはぶれて合わず、一瞬、それはコンマ何秒のタイミングで止まっているようには見えませんが、意識的に動きを止めて照準を合わせます。

f:id:osakadojo:20210220101214j:plain

 この〝先〟のための照準合わせの呼吸が、型を動作を止めて区切る意味だと私は思います。

 型は実戦の技を抽象化させることによって応用を広げていますが、個人的にスパーリングを重ねていくことでその抽象性に具体性を見つけることが出来ると思います。

 個人的には型の具体性の発見が面白く、空手の楽しみの一つがあるように思います。

 
 さて、お知らせです。

 2/28(日)に鳴門市・大塚スポーツパーク武道館で行われる第16回徳島県空手道錬成大会のトーナメントを明日(2/21)の午前10時頃、新極真会徳島西南支部ホームページにアップします。

 選手、保護者、関係者の皆様はご確認ください。

 なお、今大会は無観客であり、感染防止のため最大限にコロナ対策を講じております。

 トーメントには諸注意としてその旨を記載しておりますので、精読のほどよろしくお願い致します。

 

 昨日の指導

 やわらかカラテ(15 時30 分~16 時30 分)


やわらかカラテ2.19.2021

 徳島市加茂道場少年部(18 時30 分~19 時30 分)


徳島市加茂道場少年部2.19.2021

 徳島市加茂道場一般部(19 時45 分~21 時)


徳島市加茂道場一般部2.19.2021

 徳島市加茂道場居残り稽古(21 時~21 時30 分)


徳島市加茂道場居残り稽古2.19.2021

 2.20.2021 記

稽古での非認知スキル的行動

 少年部クラスで今週行っている受け返し。


受け返し、小学2年生

 前蹴りに見立てた受け返し棒を払いながらステップしての回し蹴り。

 一見単純そうな動作ですが、手の払い方、足を入れ替えるステップには意味があり正確に行わなければなりません。

 手を体の外側に払うのは前蹴りの受け流すため、足を入れ替えるステップは相手の死角に入り、なおかつ左の回し蹴りを蹴りやすくするため。

 手の払い方、ステップの仕方への注意力を欠けば稽古の意味を成しません。

 上記添付の動画は小学2 年生の道場生ですが、下記添付の動画は共に幼稚園年長の道場生。


受け返し、幼稚園児

 注意力を働かせ、正確に集中して受け返しが出来ています。

 上記添付の動画をよく見ると、後で控えている年長さんが予習のように動きを真似ています。

f:id:osakadojo:20210219092002j:plain

 こういった行動はブログでよく書く、子供達の発育に大切な非認知スキルと思います。

 皆んな、良い稽古が出来ています。

 

 昨日の美馬道場

 少年部クラス(19 時~20 時)


美馬道場少年部2.18.2021

 一般部クラス(20 時15 分~21 時15 分)


美馬道場一般部2.18.2021

 2.19.2021 記