徳島の空手道場 逢坂道場日記

徳島の空手道場、逢坂道場のブログです。

〝躱す〟 7.7.2020徳島市加茂道場

 昨日(7/7)の徳島市加茂道場。

 少年部クラス(18時30分~19時30分)


7.7.2020徳島市加茂道場 少年部クラス

 一般部クラス(19時45分~20時45分)


7.7.2020徳島市加茂道場 一般部クラス


 個人的に〝躱す〟という動作は、重要に思います。

 空手のディフェンス技術として重要なことはもちろん、個人の運動能力においても重要な能力かつ、能力の指標になると思います。

f:id:osakadojo:20200708091953j:plain

 いくら筋力的数値が優れていても、躱すといったような実動作が優れていなければ、運動能力としては片手落ちのように思います。

 稽古におけるソーシャルディスタンスの一貫として、受け返し棒を用いて対人距離を取る約束組手・受け返しを行ってますが、受け返し棒のリーチは突き・蹴りより長いため、躱すという動作の修得には取り組みやすいように思います。

 徳島県でも新たなコロナ感染者が発生しましたが、ソーシャルディスタンス等、稽古におけるコロナ対策に気を緩めることなく、かつ合理的な稽古を構築していきたいと思います。

徳島錬成大会中止のお知らせ

 皮肉にも七夕の今日、九州では豪雨が発生し、甚大な被害が発生しています。

 被災した皆様にはお見舞い申し上げるとともに、これ以上の被害拡大がないようにご祈念いたします。


 さて、関係各位の皆様へのご連絡です。

 本年、9/13に予定していました徳島錬成大会ですが、コロナ情勢の見通しが不透明なため中止させていただきます。

 誠に残念ではありますが、ご理解ほど、よろしくお願いいたします。

f:id:osakadojo:20200331093002j:plain

 

個人にあった指導を 7.4.2020鴨島道場

 土曜日(7/4)の鴨島道場。

 選手クラス1部(15時45分~16時45分)


7.4.2020.選手クラス1部

 少年部クラス(17時~18時)


7.3.2020鴨島道場 少年部クラス

 選手クラス2部(18時15分~19時15分)


7.4.2020 選手クラス2部

 一般部クラス(19時30分~20時30分)


7.4.2020.鴨島道場 一般部クラス


 稽古は、その人にあったものと、そうでないものがあります。

 理想的に言えば個人個人への指導が理想ですが、個人指導体制はなかなか難しいものです。

 そこでクラスを分けとなります

f:id:osakadojo:20200706092323j:plain

 クラス指導としては画一的になりますが、その中でもなるべく個人にあった指導を構築せねばと思います。

伝統修練 徳島市加茂道場7.3.2020

 昨日(7/3)の徳島市加茂道場。

 少年部クラス(18時30分~19時30分)


徳島市加茂道場 少年部クラス7.3.2020

 受け返し棒を相手の下段回し蹴りに見立てて、ステップで躱し、上段回し蹴りを返す。


 一般部クラス(19時45分~20時45分) 


徳島市加茂道場 一般部クラス7.3.2020

 後ろ回し蹴りから上段回し蹴りの振り切り。

 5本蹴りに代表されるように高い蹴り技の反復で、蹴り技自体を修得するとともに、体幹、足腰、バランスを練り上げるのは極真空手の伝統修練の一つ。

 昔は5本蹴りの往復を30分間連続で行った、というお話を聞いたことがあります。

 私も大学時代、当時の道場で動画の後ろ回し蹴りからの回し蹴りを、片足立ちから足を入れ替えながら蹴る移動稽古を20分近く行ったことがあります。

 かなり、きつかったですが、当時のような稽古を真摯に取り組んでいたから、アラフィフとなった今でも上段が蹴れるように思います。

f:id:osakadojo:20200704102638j:plain

 若い道場生には、上段系の蹴り技の修得に積極的に取り組んで欲しいと思います。

気持ちのオンとオフ 7.2.2020美馬道場

 昨日(7/2)の美馬道場。

 1部クラス(19時~20時)

f:id:osakadojo:20200703091922j:plain

 2部クラス(20時15分~21時15分)

f:id:osakadojo:20200703091943j:plain


 稽古前の道場は結構、賑やかです。

 幼年、低学年の子達は鬼ごっこに興じ、道場内を走り回っています。

 その様子、その笑顔はとても楽しそうで、ゲーム、インターネット等、デジタル化した現代の子どもの遊びにおいても、体を使った昔ながらの遊びは、子ども達は本能的に求めるようにも思います。

 しかし、稽古が始まれば表情は一変、子ども達は集中した表情で稽古にのぞんでいます。

 稽古に対する気持ちのオンとオフの切り替えは、指導でよく説きますが、オンとオフを使い分ける子ども達には様々な能力への可能性を感じます。

 気持ちのオンとオフ、今後も重点的に少年部指導で説いていきますが、デジタル化時代だからこそ必要のように思います。

 さて、支部内連絡です。

 明日(7/4)より、土曜日の鴨島道場の稽古のみ、2クラス参加を解禁とします。

 2クラス参加できる道場生の皆さんは、頑張りましょう!!

厳しさのあり方 7.1.2020鴨島道場

 昨日(7/1)の鴨島道場。

 少年部クラス1部(17時45分~18時45分)

f:id:osakadojo:20200702092605j:plain

 少年部クラス2部(19時~20時)

f:id:osakadojo:20200702092624j:plain

 一般部クラス(20時15分~21時15分)

f:id:osakadojo:20200702092646j:plain


 空手には多様な価値観があり、そして多様な空手への価値観を持った人を受け入れる道場でなければ、と指導者として常々思っています。

 そう思うと同時に、多様な価値観に対し、空手の本質を曲げて対応してはならないとも思います。

 空手の本質の一つ、それは厳しさだと個人的に思います。

 単純に組手で打たれれば痛いし、気を抜けば怪我をする場合もあります。

 そういった厳しさを避けると、空手は本質から離れると思います。 

 負のイメージが先行しがちな厳しさですが、厳しさに向き合うことによって練られるものがあります。

 それが、強さだと思います。

 厳しさをいかに空手の、そして稽古の本質とするかが、指導者の問われるところと思います。

 厳しさのあり方について、一つは思うところは、厳しさは空手の厳しさであって、指導者の言動等への恐怖であってはならないと思います。

平安3のスパーリング実践 6.30.2020徳島市加茂道場

 昨日(6/30)の徳島市加茂道場。

 少年部クラス(18時30分~19時30分)

f:id:osakadojo:20200701083120j:plain
 一般部クラス(19時45分~20時45分)

f:id:osakadojo:20200701083145j:plain


 昨日の型稽古は平安3。


6.30.2020徳島市加茂道場 型稽古

 平安3で個人的に好きな動作は、動画スロー部分。

 相手の突き蹴りを肩や腕で受けるのが動作の解釈の一つですが、自身のスパーリングでは主に相手の突きを二の腕で受けています。


突きを二の腕で受ける

 このディフェンスは、ある日の咄嗟の動作で行うようになりましたが、行うようになってから平安3を作った空手の先人にリンクしたように感じています。

 大袈裟に言えば、歴史にリンクした感覚にも思えますが、技をもって歴史にリンク出来るのが空手の面白さのように思います。