徳島 空手 逢坂道場日記

本格的、楽しい、ソフト、色んなの空手の稽古、レッスン、練習を綴ります。

新極真空手

昨年末の格闘技大会から感じたこと

遅ればせながら昨年末の格闘技大会について。 個人的に一番感銘したのは所選手の試合です。 年の差のある若くて、強い対戦相手と対する所選手にかつての自分自身の経験を重ねる部分もありますが、技術的に共感を覚えるのが感銘の主な理由です。 その技術的な…

きつい練習は集中力を高める絶好の機会

心拍数を上げる追い込み練習を一生懸命に取り組み、きつそうな表情を浮かべる道場生の姿には、追い込み練習を行っていた以前の自分の姿が重なり、その時の自分の心情が自然とはっぱをかける声となります。 昨日の追い込み練習で口に出た言葉は「集中」。 私…

上達の指標、動作をコンパクトに

昨日の鴨島道場一般部の受け返し。 受け返し1.13.2021 前外への下段回し蹴りをスネ受けでカットしての下段の返し、相手の反撃のワンツーをバックステップで捌いて、ワンツースリー上段回し蹴りの返し。 昨日の受け返しでは、最初のスネ受けを最小限の動作に…

形骸化させない前屈立ちの運動特性

前屈立ちの指導では、前足の膝を曲げ後ろ足の膝を伸ばす、前屈立ちの特徴である前足重心をしっかり構築するように指導しています。 前足重心の運動特性としては突きに体重が乗せやすいことがありますが、前足重心のちょっと変わった用法が下記の添付動画。 …

自分を見据える〝据えどころ〟

土曜日の鴨島道場、寒波によるトラブル発生でバダバタでした。 私が住む美馬は一日大雪で路面凍結が心配なため、最後のクラスも時間短縮で早めに帰宅させてもらいました。 帰路、鴨島は雪はありませんでしたが、川島辺りから残雪が見られ、美馬ではガチガチ…

組手で〝前に出る〟〝下がらない〟勇気を持つ方法 ※雪への支部内連絡(下段)

空手の組手は〝前に出ること〟〝下がらない〟ことが大切です。 特に試合の組手の勝機の大半はこの2 点にあります。 〝前に出ること〟〝下がらない〟言葉で言うのは簡単ですが、対戦相手も同じように圧力を掛けてくる組手でそれを実践するのは至難です。 〝前…

コロナ禍における適切で、大切な人との接触の場

本日より、私が指導する道場は通常稽古を開始いたします。 2021 年の通常稽古を晴れ晴れとスタートさせたいところですが、奇しくも本日、関東一都三県では新型コロナにおける緊急事態宣言が発出されます。 現在のところ徳島県においては緊急事態宣言の必要は…

新春スパーリング、同じ流派、同じ価値観

昨日は2021 年の初稽古となる恒例の新春スパーリングでした。 北東あわじ支部さんとの合同稽古で、久しぶりの他支部の人たちとのスパーリング。 稽古前、前川支部長とともに低学年の子達には「相手が泣いてしまったら強くしないように」、高学年以上の参加者…

「鷹の選択」

新型コロナ感染拡大の第一波、道場も長期休講を余儀なくされ「道場が休講になっても、とにかく自分自身は鍛え続けよう」と、加齢とともに出てきた膝の痛みを抱えながらも自主練習を続けていた時に、下の添付動画を塚本徳臣師範から教えてもらいました。 鷹の…

年末強化稽古、第二弾。

今日は年末強化稽古、第二弾。 小4 以下(10 時~11 時15 分) 強化稽古12.292020 ※この動画は音が出ます。 小5 以上(11 時30 分~13 時) 強化稽古12.29.2020 ※この動画は音が出ます。 実質、今日が2020 年の稽古納めとなりましたが、セレモニー的なことはせず…

技をイメージすることは内省、内観へ

「上段回し蹴りは自分の背の同じ高さの相手が前にいると思って、その相手の顔を横から足の甲で蹴るようにイメージして」と最近、少年部の指導でよく口にします。 当たり前のことですが、空手の稽古で行う動作は補強運動や準備体操等といった以外は対人への動…

クリスマス・トレーニング

昨日はクリスマス・イブ、イブの日は道場開設時から毎年稽古を休みにしています。 道場生にクリスマスを楽しんでもらうためですが、私はと言えば… 48 才、子供たちも大きくなり、クリスマスとてすることがなく… 結局ルーティンのフィジカルトレーニングを。 …

腕の切り返し。

昨日のブログで体の切り返しについて書きましたが、腕の切り返しといった身体操作もあります。 昨日のストライク・フィットネスでは、見事な腕の切り返しが見られました。 オバーハンドのストレートからの裏拳( バックブロー) 腕の切り返し ※この動画は音声…

ヒント、「先生がいつも君たちとスパーリングしている感じで」と

日曜日の3 人組手、挑戦者が小学4 年生に対し、対戦者は小学6 年生と中学2 年生でした。 対戦者には体格差、年齢差を考慮するように伝えましたが、「先生がいつも君たちとスパーリングしている感じで」と考慮へのヒントを与えました。 突き蹴りのインパクト…

スリリングなマススパーリング

土曜日の居残りスパーリングのワンシーン。 カウンター ※この動画は音声が出ます。 私の右ストレートに左ストレートを合わせる道場生。 このカウンターにはスパーリングの最中に驚きました。 しかし、驚きながらも咄嗟にディフェンスしている私も良い反応か…

冬季昇級審査会

昨日は冬季昇級審査会。 今回はコロナ対策として2 グループに分かれて実施、第1 グループ(10 時~11 時) は阿南東道場を中心としたグルーブでした。 阿南東道場は私が指導する道場ではなく普段の稽古を見ることはありませんが、受審者全員が上手で、指導担当…

このところ参加者の少ない美馬道場ですが…

このところ参加者の少ない美馬道場、参加者が少なくなると稽古へのテンションが下がりがちになりますが、そういった時こそテンションを高めて指導しています。 美馬道場1部12.17.2020 ※この動画は音声が出ます。 テンションといっても楽しい雰囲気を醸し出し…

自分で自分を守る気概を、スパーリングの構えから

スパーリングにおいて、私はしっかり構えることを意識しています。 しっかり構えることで相手に集中でき、相手に対する反応・反射も高まります。 この構えによる作用は、構えた手から自分の身体までの空間、その空間がいわゆる〝ふところ〟となり、ふところ…

〝己の欲せざる所は、人に施す勿れ〟

「空手に礼がなければ、ただの暴力ですから」 以前のブログにも書きましたが、今だに耳に残る、ある高名な空手家の20数年前のテレビ解説での何気ない言葉です。 この言葉は少年部道場生のスパーリングを見ていると、よく思い起こされます。 暴力とは悪意によ…

進化は突然に。

土曜日のスパーリングでのワンシーン。 ディフェンステクニック ※この動画は音声が出ます。 相手の突きを二の腕の外側( 三頭筋) で受けています。 二の腕の内側( 二頭筋) を使ったデイフェンスはよく行いますが、外側を使ったのはこの日初めてです。 咄嗟の…

壮健な老後を目指して…

スパーリングは意識次第で筋肉トレーニングの効果ものぞむことができますが、私がスパーでの筋トレを意識している部分は〝足〟。 徳島市加茂道場居残り11.12.2020 ※この動画は音声が出ます。 ステップを多用することで、足を鍛えることを意識しています。 来…

第16 回徳島県空手道錬成大会のご案内

第16 回徳島県空手道錬成大会を鳴門・大塚スポーツパーク( ソイジョイ武道館) にて、来年2 月28 日に開催いたします。 コロナ禍の現状、最大限の対策を講じますが、マスク着用、発熱者の入場禁止等、一般的なコロナマナーの厳守はもちろんのこと、主要な対策…

基本稽古、バリエーションを覚えて満足しない

昨日の鴨島道場一般部クラスの受け返し。 鴨島道場一般部12.9.2020 ※この動画は音声が出ます。 下段回し蹴りをスネ受けした後、そのまま受けた足で下段廻し蹴りを返し、反撃の上段回し蹴りをバックステップで躱してからのワンツースリー下段回し蹴りの返しを…

久しぶりに効かされて…。

昨日の道場生とのスパーリング、久しぶりに突きで効かされました。 気を抜いたところを的確な角度とタイミングで被弾しましたが、以前ならば効かされなかっと思います。 加齢とともに打たれ弱くなっていることを、まざまざと感じます。 スパーリングで効かさ…

リーチ差、フィジカル差に胡座をかかない。

土曜日の居残りスパーリングの1 シーン。 タックル ※この動画は音声が出ます。 パンチのフェイントに引っ掛かり、タックルへの反応が一瞬遅れています。 最終何とか、タックルを切ったようになってますが、相手が自分よりリーチが長く、フィジカルが強ければ…

運動能力、運動神経は空手に関係がない、関係あるのは…

生れつきの運動能力、運動神経の良し悪しは、空手が強くなるかどうかに関係がないと思うところですが、昨日は、そんなお話しを保護者様にさせていただきました。 もちろん走るのが速い、球技等が何でも出来るといったスポーツ万能の人は空手も強くなりますが…

ミット稽古、戦略は戦術から、戦術は技術から

昨日の鴨島道場一般部クラスのミット稽古。 鴨島道場一般部12.2.2020 ※この動画は音声が出ます。 遠間からの前足の膝蹴り→ワンツースリーの突き→下段回し蹴りのコンビネーションを。 遠間から距離を詰めるには、後ろ足を前足に寄せる継ぎ足を用いますが、継…

切り結ぶ太刀の下こそ…。

昨日の徳島市加茂道場、一般部クラスの受け返し。 徳島市加茂道場一般部12.1.2020 ※この動画は音声が出ます。 ワンツーの突きを捌きながら踏込みショートの下突きワンツーの返し、反撃の上段回し蹴りをバックステップで躱しての下段回し蹴りの返し。 私の指…

〝賢さ〟は〝素直さ〟から

少年部の指導において指摘された指導内容に即座に反応し、それを正確に動きで示す子供達には〝賢さ〟を感じます。 その賢さはいわゆる知能指数といった頭の良さでなく、指導を受け入れる素直さが主成分に思います。 個人的に〝賢さ〟と〝頭の良さ〟は違い、…

空手が教育、子育てに沿うに足るもの

道場生が幼稚園、小学生、中学生、高校生の子供達が大半の現状において、空手が子供達にとって教育、子供達を道場に通わす保護者様にとって子育てに沿うものでなければならないと、常々考えています。 空手が教育、子育てに沿うに足る、具体的にどういったこ…